遺伝が原因?海藻などを食べるとよいは迷信なの?

遺伝だから仕方がないとあきらめない

病気の中には遺伝の要素が強いものがあります。両親やその親が何らかの病気になっているとき、それが遺伝として伝わりやすくなります。薄毛も遺伝の要素があるとされ、母方の父親の様子を見るとわかるとされます。その人が薄いと、薄くなる可能性が高くなります。遺伝的になるのはわかっているので何もしなくていいかといえばそうではありません。遺伝はあくまでもなりやすさなどを示すのであって、必ずなるわけではありません。ですから、ならないような努力を行っていれば、その遺伝の原因を無くしたり弱めたりできます。何もしないでいると、いつの間にか薄毛になる習慣を継続しているなどもあります。まずは家系での様子を調べ、薄毛になりそうら早めに対処をします。

わかめなどの海藻類を食べるようにする

髪の毛を連想しやすい食べ物として、海の植物である海藻があります。以前はよく、髪の毛を伸ばしたいなら海藻をしっかり食べると良い、わかめを食べると良いと言われていました。今はどうかといえば、化学的な根拠はなくなっています。いくら海藻を食べても髪の毛を伸ばせないようです。では、海藻を一切食べる必要がないかですが、そうでもありません。海藻が髪の毛にいいのは事実です。豊富なミネラル分が豊富で、わかめは摂取がしやすいです。髪の毛の栄養にいい食べ物をしっかり得られます。抜けてしまった後に生やそうとするのは難しいかもしれませんが、今髪の毛がある状態で抜け毛を減らす役割は期待できそうです。毎日少しずつ食べると良いでしょう。

薄毛になる原因はホルモンの過剰分泌や不規則な生活によるものなど様々です。女性の場合は妊娠や出産も関係してきます。