肌が黒ずんで色素沈着!?自己処理は肌トラブルの元

皮膚の上側に伸びる毛を処理

自分でムダ毛処理をすると、肌トラブルが起きてしまう事があります。

自己処理の場合は、皮膚の上に伸びているムダ毛をシェーバーで剃り落とすだけ、肌にはカミソリの刃が当たるため、肌全体をカミソリでダメージを与えている事になります。

カミソリのダメージと聞いて、傷を付けてしまうなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、何度もシェーバーで自己処理を繰り返している内に、色素沈着が生じてしまい、肌は黒ずんでしまうなどのデメリットがあります。

色素沈着が生じると、元の肌色に戻るためには自己処理を止めなければなりません。

脱毛の場合は、シェーバーで剃り毛をするのではなく、ムダ毛を作り出す細胞組織の機能を破壊する、もしくは機能を弱める事でムダ毛がない肌に変える事が可能になるのです。

脱毛は繰り返し自己処理する手間がなくなります

自己処理の場合は、ムダ毛を処理しても時間の経過と共にムダ毛が伸びて来るため、繰り返し処理をしなければなりません。

医療脱毛の場合は、2年や3年などの期間が必要になりますが、脱毛が完了するとムダ毛がない肌になるため、自己処理をしなくても永久的にツルツルの肌をキープ出来るメリットを持っています。

脱毛サロンの場合は、永久性はありませんが、ムダ毛が生えにくい状態になりますし、脱毛を続けている事で、常にツルツルの肌を維持出来るようになります。

ちなみに、脱毛サロンのメニューの中に脱毛し放題と呼ぶ脱毛メニューが用意してありますが、脱毛し放題のメニューは好きなだけ脱毛を繰り返し行って貰えるので、自己処理をする手間が要らなくなるなどのメリットもあります。

医療脱毛で使われるレーザー脱毛機器は、毛を生成させる細胞そのものを破壊するので、永久脱毛施術が可能です。