症状別にケアが変わる!ほうれい線対策をチェックしよう

浅いほうれい線の原因

ほうれい線は1cm伸びると、5歳は老けて見られると言われているしわです。出来るだけ作りたくないものですよね。ほうれい線はしわが浅いものと、深いものの2種類があります。それぞれ出来る原因が違うので、チェックしておきましょう!浅いほうれい線は、表情のクセや肌の乾燥で起こりやすいと言われています。また、むくみによって頬がたるむと浅いほうれい線が出来やすくなりますよ。

深いほうれい線はどうして出来る?

口元にクッキリとしたしわが出来ている場合、深いほうれい線であるケースがほとんどです。深いほうれい線はコラーゲンはエラスチンといった、肌にハリや弾力をもたらす物質の生成量が、少なくなる事で起こりやすくなります。コラーゲンなどは20代をピークに年々、生成量が少なくなり50代にもなると何と、半分以下にまで下がってしまうそうなので、深いほうれい線は老化現象が、1つの要因になると考えられています。

ほうれい線の深さでケアを変えよう

浅いほうれい線は、とにかく肌を保湿ケアする事が、予防・改善に有効です。セラミドやヒアルロン酸といった、保湿成分を多く含む基礎化粧品でしっかりケアしましょう。深いほうれい線はマッサージを行い肌の新陳代謝をアップさせ、コラーゲンやエラスチンの生成量を増やすようなケアがおすすめですよ。ただ、深いほうれい線をスキンケアだけで解消するのは、なかなか難しいようです。場合によっては美容医療や美容整形も検討してみましょう!今はプチ整形でもほうれい線を解消出来ますよ。

しわには色々なタイプがあります。小じわ・ちりめんじわ・表情じわなどです。タイプによって対策方法も変わります。